主婦のキャッシング基礎知識:総量規制とは

キャッシングは基本的に、継続的で安定した収入があり、
金融機関が定めた範囲内の年齢に該当する人であれば
だれでも利用できるようになってます。

 

そのため、パート主婦などもキャッシングを
利用しているケースが非常に多く、
生活費の補てんや急な支出などで借り入れをしています。

 

キャッシングの利用者は多いですが、
意外と知られていないのが「総量規制」です。

 

「総量規制」とは、貸金業規制法に基づく制限のことで、
銀行系を除く業者からのキャッシングについては、
利用者の年収の3分の一までしか融資してはならないというものです。

 

つまり、パート主婦の場合ほとんどの人が扶養の範囲内で仕事をしていますが、
これであれば年収は大体100万円程度ですので、
キャッシングで借り入れができる金額の上限は33万円前後ということになります。

 

もちろん、最初からこの金額をすべて借り入れできるわけではなく、
最初は10万円程度の少額からの借り入れでスタートして、
半年や一年以上継続して返済をすることで、
信用できる利用者ということで増枠の申し込みに対応してもらえるようになります。

 

しかし、上記のように年収に応じた制限がありますので、増枠にも注意しましょう。

 

これは複数の業者から借り入れをしている場合には、
それらを合算した金額が対象となりますので、
複数の業者に申し込みをすればたくさん借りられるというものではありません。

 

借入額を増やしたいときは、収入を増やす方向で検討しましょう。