キャッシングの審査の方法

パート主婦がキャッシングをしようとカードローンを申し込んだ時、
カードローンには契約が必要で、契約をするには
審査を受けてその審査に通らなければならないです。

 

それで審査方法ですが、まず契約書に名前住所電話番号を書いて、
それらを本人確認書類でチェックします。

 

そして居住年数、年収を書いて、勤務先の名前と住所と電話番号も書かされます。

 

さらにそこに何年働いているかを書かされます。

 

そうして契約書に必要事項全てを記入させられます。

 

契約書にすべてを書き終えれば、属性チェックとして記入されたものすべてを
点数化してスコアリングします。

 

そしてその点数で融資可能かを判断します。

 

融資可能と判断されれば在籍確認として、
契約書に記入された勤務先に本当に働いているかを確認する為に確認の電話を入れます。

 

勤務先に電話を入れて、本当に働いているのを確認できれば、
次は他社借入状況のチェックで、信用情報機関に情報開示を請求して、
他社借入状況をチェックします。

 

それでチェックして問題無ければ、審査が通って、キャッシングが出来るようになります。

 

パート主婦がキャッシングをする為にカードローンを契約する時は、
審査方法として書類チェックと在籍確認と他社借入のチェックが有ります。

 

それらがすべて問題無ければ、カードローンの契約が出来て
キャッシングが出来るようになります。

 

逆にどれか一つでも問題が有れば、契約にならなくてキャッシングすることが出来なくなります。