主婦は審査に通りにくいというのは事実?

パート主婦の多くは扶養控除内でのパートをしている人が多いものです。

 

この扶養控除内と言うのは、年収が103万円以内で収めるという事であり、
年収が103万円を超えてしまう事で扶養控除を受けることが出来なくなり、
多くの税金を納める必要が出て来ることからも、
この金額を上限にしてパートを行っている主婦が多いのです。

 

因みに、主婦はキャッシングの審査に通り難いと言われているのですが、
パート主婦などの場合は扶養控除内で働いている場合は
年収の上限が定められていますので審査に通り難いという事はないのです。

 

但し、キャッシングにおける返済能力は、年収により能力の有無が問われることになりますので、
パートをしている主婦の人の返済能力はそれほど大きいとは言えません。

 

また、パートをしている主婦が利用可能なキャッシングの利用限度額は、
比較的低めに設定されているのが特徴です。

 

例えば、利用極度額が500万円と言うキャッシングの場合でも、
アルバイトやパートをしている主婦の人が利用可能な限度額は
30万円以内や50万円以内と定められているのです。

 

これは年収に対する返済の能力を加味したものであり、
複数の申込みを短期間に行っていたり、消費者金融などの場合では総量規制が有りますので、
他社の借金の残高が年収の3分の1に近い場合などでは審査に通り難くなりますが、
これ以外の状態では申込みを行う事でキャッシングの利用が可能になりますので
パート主婦の人でも申し込みをすれば利用可能なのです。