キャッシングの審査に必要なもの

キャッシングと言うのは、銀行や消費者金融などからお金を借りることを意味しています。

 

お金を借りる場合には、申込みをする人が信用できる人であるのかや、
返済能力と言うものが有るのかと言った審査を行うのが特徴です。

 

銀行や消費者金融などでの個人向けのキャッシングは、
安定収入、且つ、継続収入が有ればアルバイトやパートをしている人でも申し込みが可能であり、
パート主婦でもキャッシングの申込みが可能になっているのです。

 

また、パート主婦などの場合は、扶養控除内での仕事をしているケースが多く、
100万円以下の年収が一般的です。

 

そのため、キャッシングの利用限度額は
サラリーマンやOLなどのように正社員の人と比べると低くなりますが、それでも申込みが可能になり、
キャッシングの利用が出来るのです。

 

パート主婦などの場合は、申込みを行う時の必要書類と言うのは、
本人確認用の資料のみで可能となっています。

 

サラリーマンなどのように正社員で働いている人などの場合、
利用限度額が高額になる事で収入証明書などの書類の提出が必要になるのですが、
パートをしている人の年収は扶養控除などの場合では年収の上限が決まっていますので、
あえて必要書類としての提出は必要が無いと言われているのです。

 

尚、本人確認用の書類と言うのは運転免許証などであり、
運転免許証を持っていない人の場合は、
健康保険証やパスポートなどの写しを用意しておけば審査を受けることが可能になるのです。