主婦のキャッシング、保証人は必要?

主婦の方は家事を専業とされている方もありますが、
パートなどで収入を得ている方は多くいらっしゃるものです。

 

そして、専業主婦の方の場合は、本人に収入がないこともあり、
総量規制がある消費者金融のキャッシングは本人の名義で利用するのは難しく、
借りられる場合も配偶者の許可が必要になります。

 

キャッシングの場合は、パートやアルバイトの方も、
安定した収入がある方なら利用できますので、
パート主婦の方なら配偶者の同意書なども必要なく、
本人の名義で申し込むことができます

 

そして、キャッシングを利用する場合は、保証人が必要なのかということとなりますが、
消費者金融が提供しているキャッシングも、
銀行のカードローンの場合も保証人は必要ありません。

 

無担保、無保証で利用できるので
利息は有担保のローンに比べてやや高めに設定されていますが、
融資も迅速で、コンビニATMなどからも利用できるなど利便性の優れたサービスです。

 

キャッシングの申し込みに必要なのは、本人であることを証明できる書類です。

 

運転免許証や健康保険証、パスポートなどが利用できますので、
申し込み手続きをする前に用意しておきましょう。

 

キャッシングへの申し込み方法は様々用意されており、来店で手続きを行えるのはもちろん、
自動契約機なら対面なしで手続きも可能です。

 

さらに最近ではインターネットや電話での申し込みを行う人も多く、
この場合なら来店の手間もありませんし、
24時間いつでも好きな時間に手続きを行うことができます。

 


顔 産毛 脱毛を新宿でするならこのサロン!